あまり知られていない福岡の魅力!?

株式会社paperboy&co.

 現在は東京都渋谷区桜丘町に本社、福岡県福岡市中央区に支社を置いておりますが、創業は福岡県福岡市で行われたのがこのペーパーボーイ株式会社です。ロリポップサーバーという格安のレンタルサーバーサービスやブログサービスのJUGEMなどを提供しており、現在はブクログのパブーという電子書籍のサイトなども運営しています。さらにカラーミーショップという簡単にショップサイトが作れるサービスや、ムームードメインというドメイン提供サービスなども行っています。愛称はペパボで、創業者は家入一真です。

 ロリポップサーバーに関しては、安くまた独特な雰囲気のあるサービスであったためユーザーが非常に増えましたが、一時期Wordpressに関する事件があり、それに関するGMOの社長の対応が原因となって炎上する騒ぎになったこともありましたが、順調に成長を続けている企業の一つです。

福岡で暮らすには

歴史

2001年(平成13年)10月23日 合資企業マダメ企画を資本金30万円で福岡県福岡市中央区に設置。
2002年(平成14年)7月 本社を福岡県久留米市へ移転。
2003年(平成15年)1月10日 有限企業paperboy&co.を出資金300万円で設置し事業継承。
2004年(平成16年)3月2日 GMOを対象として第三者割当増資、同社の連結子企業へ。株式会社paperboy&coへ組織変更。
2004年(平成16年)5月 本社を東京都渋谷区へ移転。
2008年(平成20年)12月19日 ジャスダックに上場。
2009年(平成21年)3月25日 佐藤健太郎が代表取締役社長に、家入一真が代表取締役CCOに就任。
2010年(平成22年)3月23日 家入一真が代表取締役CCOを退任し取締役(非常勤)に就任。
2010年(平成22年)4月 これまでの中途採用に加え新卒採用を開始。
2010年(平成22年)12月27日 株式会社グランドベースを連結子企業化。
2010年(平成22年)6月24日 福岡支社を福岡県福岡市中央区へ移転。
2011年(平成23年)3月24日 創業者の家入一真が任期満了に伴い取締役を退任。
2012年(平成24年)1月23日 株式会社gooyaとの合弁企業である株式会社ペーパーボーヤを設置。
2012年(平成24年)6月1日 企業分割により電子本関連事業を継承する株式会社ブクログを設置。
2014年(平成26年)4月1日 GMOペパボ株式会社へ商号変更。

旧社名のpaperboy&coとは?

 旧社名の「paperboy&co.」は、初心を忘れないという気持ちから、新聞配達少年という意味の「paperboy」におしゃれっぽいローマ字表記の「&co.」を付してつけられました。これは、創業者で当時社長であった家入一真が、学生時代に住み込みの新聞配達で奨学金を得る新聞奨学生制度を利用して東京芸術大学を目指していたことに由来してします。

サービスのネーミングが独特

 サービス名は、ネーミング会議や社員同士の雑談等から生まれていて、「ロリポップ!」や「JUGEM」等独特で利用者に親しみやすくユニークなネーミングが付けられることが多いといいます。その為、ネーミング担当は特に設けていません。

企業の特性

 社員の創作活躍等を積極的に支援する「プレゼンテーション大会」、「ペパ研」、「お産合宿」等を行っています。

 特にP-1グランプリでは殆どのスタッフや役員の前で、個人またはグループで新サービスのアイデアを披露するプレゼンテーション大会が行われます。プレゼンテーションを通し、自ら創造する力、ユーザー目線でサービスの在り方を考える力等を養うことを目的としています。この大会で生まれて正式サービスになったものとして「30days Album」や「パブー」等があります。

ペパ研

 企業理念とミッションを形として残すための取り組みで、インフラや資金面等を支援します。また、企業理念やミッションの社外広報、成果を社内へフィードバックし、将来的な利益を生みだすことを目的としています。この制度で生まれて正式サービスになったものとして「ブクログ」等があります。

ペパ研お産合宿

 2007年(平成19年)から年1回ずつ1泊2日で行われている開発合宿です。職種の制限を設けず個人または任意の複数の開発グループに分かれ、合宿中に各グループが協力して自由にサービスを完成させることが目的のもの。合宿中は特設サイトにて合宿の様子や開発状況をテキスト又はUstreamで随時公開しています。この合宿で生まれて正式サービスになったものとしては「2manji」「ザ・インタビューズ」等があります。

サービスの特性

 低値段・高機能・ハイセンス・オープンソーシャルなインターネットサービスが特性ですので、クリエイティブな個人をターゲットとしています。

マスコットキャラクター

 ロリポップ!のロリポおじさん、ムームードメインのツッキー、グーペのミンチ等、一部サービスではマスコットキャラクターが存在します。おのおののサービスサイトやイベントに登場し、エイプリルフール企画では彼らが主役になることが多々あります。また、ムームードメインとグーペについては複数のキャラクターが存在していて、グーペはサービスサイト内に、ムームードメインは特設サイトで、キャラクターや相関関係等を紹介しています。

福岡で暮らすには

サービス一覧

 ホスティング事業、EC支援事業、コミュニティ事業の3部門を柱に個人向けのインターネットサービスを提供しています。ホスティング事業が、売上構成69.9%、利益構成67.8%と大多数を占めています。

ホスティング事業

ロリポップ! 学生や若年層向けのナウでヤングなレンタルサーバー
heteml(ヘテムル) クリエイター向けの高機能レンタルサーバー。プチ・ホームページサービス
30days Album 合い言葉で共有できるオンラインアルバム、フォトストレージが利用できる写真・動画の共有・保存クラウドサービス
ムームードメイン ドメインを取得・登録・移管・売却ができるドメイン総合サービス
Sqale(スケール) Ruby on Rails/PHP クラウドホスティング対応のクラウドホスティングサービス
minne(ミンネ) ハンドメイド、手作り作品の通販・販売サイト

EC支援事業

カラーミーショップ ショッピングカートASPサービス
カラメル ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド
Goope (グーペ) 商店向けホームページ製作サービス
Jugem Cart 海外販売向けショッピングカートASPサービス

熊谷社長に代わってからどうなっていくか?

 現在はGMOの傘下に入り、熊谷社長へと時代が移り変わっていっていますが、実際にこれがどのように作用していくかは本当にわかりません。一時期は、ハッキング問題などもありましたが、ユーザーに安い値段で面白く便利なサービスを提供するペパボのこれからにも期待を寄せたいと僕自身は考えております。